婦人

膝や腰の違和感を感じたら大正グルコサミンを摂取しよう

良い油を積極的に摂ろう

メディシン

オメガ3は身体に良い油です。油、つまり脂肪酸には複数の種類があります。オメガ3は人間の身体を維持するために必要な不飽和脂肪酸です。しかし体内で作ることはできないため、外から摂取するしかありません。そのため、必須不飽和脂肪酸と言われています。その効用としては、中性脂肪や悪玉コレステロールを少なくさせることが挙げられます。結果として、高血圧や高脂血症、動脈硬化や心臓系疾患の予防が可能なのです。ただし、オメガ3は、同じ必須不飽和脂肪酸であるオメガ6の、4分の1以上の量を摂取する必要があります。これはかなり意識して摂取しないと達成できない量です。オメガ3の健康効果を期待するなら、毎日の料理やサプリなどで意識して摂っていくことが大切です。

オメガ3を日常的に摂るには、まず料理を工夫するべきです。オメガ3が豊富に含まれる食材としては、筆頭に青魚が挙げられます。サンマや鯖は本来日本食に多く使われてきたものですが、最近の日本人は魚を食べないようになっており、オメガ3不足の原因の一つとなっています。健康に気を使う人は、ぜひ魚料理を意識して食べるようにしましょう。また、植物では亜麻仁油、しそ油、エゴマ油に含まれています。魚が苦手という人はこうした油を摂るようにすることをおすすめします。ただし、これらの油は加熱すると栄養が壊れるため、サラダドレッシングにするなど生で食べるようにしてください。おすすめは納豆に混ぜることです。それでも料理では十分に取れない場合は、サプリで摂るのが効率的でしょう。多くのメーカーがDHA、EPAのサプリを出していますが、それらはオメガ3の種類なのです。自分にあった良質なサプリを選びましょう。